食のちしき

スーパーで迷わない!薄切り豚肉の種類を部位別解説。値段やカロリーもこんなに違う!?

 
AINA
AINA
Dちゃーん!!肉じゃが作るから豚肉買ってきてー!!!

Dちゃん
Dちゃん
...えー、今からワンピース見るから無理だよ。

 

AINA
AINA
行け。
     

Dちゃん
Dちゃん
こわっ覇気が出た・・・・。。

ハムスケ
ハムスケ
シャンクスが海王類を追い払う時なみの覇気だハム。。
       

 

 

Dちゃん
Dちゃん
でもさ、豚肉っていっぱい種類あってよくわかんないんだよね~。どれを買えばいいの?
   

AINA
AINA
あーそっか! ふだん料理しない人にとっては違いがわからないんだね。
 

Dちゃん
Dちゃん
そうそう。だから、ボクはワンピース見てていい?
   

 

 

AINA
AINA
説明するから行け。
 

 

豚肉の種類は?部位別むいてる料理は?

スーパーで豚肉を購入する時、たくさんあってどの種類を買えばいいのか迷いませんか?
レシピの材料には、豚肉だけとしか書いてないことも多いですよね。
ここでは、使う頻度がたかい薄切り豚肉の種類と調理の方法について解説していきます。

 

 

①豚バラ
むねとおなかの部分。赤身と脂肪の層となっているが、脂肪が多め。
鍋物、炒め物、蒸し物にGOOD!

 

②豚ロース
せなかのまんなか部分。赤身と脂肪のバランスが良いが、豚バラと比べると淡白な味わい。
やや厚めに切った生姜焼き用、薄く切ったしゃぶしゃぶ用がある。

 

③豚肩ロース
豚ロースよりもややかため。
煮る、揚げる、炒める調理に適している。

 

④豚もも
脂肪が少なくあっさりとしている。肉質はややかため。
筋が多いので、肉巻きなど食材を包む料理と合う。

 

⑤豚こま切れ
肉を部位別にするとき、あまった切れ端をあつめたもの。 いろいろな部位が混ざっているので豊富なうま味が感じられる。
どんな調理にも適しているので万能!

 

⑥豚切り落とし
豚こま切れと比べ、同じ部位の切れ端ということ。
そのため部位によって適する料理が違う。

AINA
AINA
それぞれの知識を入れとけば、スーパーで迷うこともないね!
  

 

豚肉の部位によってカロリー、値段がちがう?

同じ豚肉でも、部位によって値段もカロリーも大きくちがいます。
初心者にとっては意外と分からない事がありますよね。
種類別にそれぞれみていきましょう。

 

①豚バラ
100g 386kcal(高㌍No1
100g 198円~  

 

②豚ロース
100g 263kcal
100g 258円~(高価格No1

 

③豚肩ロース
100g 253kcal
100g 238円~

 

④豚もも
100g 183kcal(低㌍No1
100g 178円~

 

⑤豚こま切れ
100g 236kcal
100g 138円~(低価格No1

 

⑥豚切り落とし
部位によってカロリーや値段が違う。    

Dちゃん
Dちゃん
なんとなく豚バラを選ぶことが多いけど、他の部位と比べるとこんなに高カロリーなんだ!!

AINA
AINA
食べすぎ注意だね。笑
値段はいろんな切れ端をあつめたこま切れが安いね!

 

まとめ

同じ豚肉でも部位によって値段やカロリー、脂肪の割合が大きく違います。他の食材とのバランスや、調理方法によって適する部位を選びましょう。

万能なのがこま切れ肉。
比較するとお求めやすく、どんな調理にも適しています。
迷ったらこま切れ肉を選ぼう!

 

Dちゃん
Dちゃん
肉じゃがもこま切れでいいか!

 

AINA
AINA
うん、いいね! でもその時の気分によって選ぶのもいいよ。 たとえばがっつりたべたい日は豚バラで、さっぱり食べたい日は豚ロースで。っていう風にね!
 

 

Dちゃん
Dちゃん
じゃあ、こってりな肉じゃががいいから豚バラにする!!!!

 

ハムスケ
ハムスケ
ヘルシーな選択するとこ見たことないハムな・・・。

 

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございます!

☟ポチっとしていただけると喜びます!!☟

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 料理ブログへ

他にも人気の記事多数♡ こちらからどうぞ!☟